FC2ブログ

ジムニーと旅

最新ジムニーパーツ

2015年11月にジムニーと旅ホームページリニューアル致しました♪

「ジムニーと旅 ホームページ」 ←内容情報量もボリュームアップしました こちらもよろしくお願いたします














ジムニー エンジン 電装 レスポンスジェット&ミニコンセットレスポンスジェット+K-PRO MINICON装着で
パワーが17psアップ、トルクが2.49kgmアップ!
アピオの新商品です!! ワイルドボアゼット ジムニー専用アルミホイール 重量:約5.6kg!!
アピオ新製品!! 純正エアコンルーバーを取り外し
PIVOT製60φメーターをインサートするための アルミ削り出しリングです。


とてもLEDの強い光量と視認性が向上します。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




【ジムニーJB23/33/43 】NGKバルブ
↑オッ!!
大手メーカーさんが発売したものと同じ構造ですが
NAGバルブは元祖内圧コントロールバルブ!!

私もNAG製を購入しようとメーカーさんでジムニーの適合など調べて
いたところハイブリッジファーストさんで発売!!

昔からバイク業界でとても有名で
内圧バルブの弱点(残留物の乳化固着)を克復するため
改良を重ね開発したのが今回のNAG製バルブです。

また近いうちに購入してインプレしたいと思います♪
パワーが上がり燃費も良くなる商品です。

NAGバルブ装着と同時に装備おすすめ♪
オイルキャッチタンク↓

[JB23]簡単取り付けでこだわりのオイルキャッチタンクkudo-j オイルキャッチタンク
こんなチューニングがあった!加速が良くなる!ジムニーJB23用クランクデコンプバルブタニグチ...
↑タニグチさんところの内圧バルブ!!NAGバルブと対決!!


今大好評のkudo-j( 工藤自動車)オイルキャッチタンク取り付けしました。
kudo-j オイルキャッチタンク
商品番号 PK017
P5220080.jpg
↑アルマイト処理されています
軽量で耐久性に優れたアルミ(A5052)
P5220090.jpg
実は工藤自動車さんからオイルキャッチタンクが出る前から
キャッチタンクはCARBING(オクヤマ)製を購入しようと思って
いたところオクヤマと工藤自動車のコラボレーションにより、
オイルキャッチタンクが発売!!
P5220067.jpg
↑CARBINGと刻印
P5220056.jpg
ジムニー専用品だからステーも付いています。
P5220059.jpg
P5220060.jpg
↑予備のドレンボルトも付属しています。
P5220064.jpg
私個人的に現在販売しているオクヤマ製と違う?
と思っている所があるのですが(確認はしていません)
ホース取り付け位置がが純正オクヤマ製とは違うと
思うのですが・・・?
もし特注で位置変更しているのなら完全ジムニー専用
オイルキャッチタンク!!贅沢です(^-^)
P5220066.jpg
↑位置が違うと思うのですが・・・。
またこのオイルキャッチタンク他のメーカーさんより
高いと思いませんか?

探せば5000円で買える物もあると思います。
実はこのオクヤマオイルキャッチタンク内部構造が
他のキャッチタンクとは別物!!

内部タンク内にセパレート(仕切り)を設け、
ブローバイガスとオイルやスラッジ、
カーボンなどの不純物とを確実に分離させます。

特にジムニーはブローバイガス(不純物)が
沢山出るみたいで早めの装着がエンジンにも良いし
エンジントラブル早期発見にも役にたちます。
ジムニーを長く乗る方 ジムニーを大事にする方には
絶対必要なアイテムです。
他のオイルキャッチタンクとは比べ物ならない
最高の物ですよ♪

取り付け手順です。
ステーを取り付ける辺りを脱脂作業です。しっかり行って下さい。
P5260108.jpg
↑取り付け前写真
P5260109.jpg
↑黒いマル(シール)2つの部分にビス止めします。
P5260112.jpg
P5260117.jpg
↑穴を開けます。
P5260122.jpg
↑ステーを取り付ける前に
私はビスを締め込みビス穴確認して穴を開けてから
ステーの両面テープを剥がし取り付けしました。
ステー取り付け(ビス2本で締め込み)
P5260125.jpg
P5260132.jpg
オイルキャッチタンク取り付け。
P5260137.jpg
純正ホース取り外し。
P5260158.jpg
ラジペンなどで挟んで取り外し。
P5260165.jpg
↑緩めてホース真中に寄せます。
P5260167.jpg
片方ホースを抜いてホースクリップ2つ取り外します。
※取り付けたままだとホースを抜く時
周りの部品を傷つける為。
P5260169.jpg
無事にホース取り外し。
付属ホース取り付け。
P5260171.jpg
↑私の場合 先に車体部から取り付けて
オイルキャッチ側までの長さを調べてから
ホースを調整カットしました。
P5260174.jpg
↑オイルキャッチ側も取り付け。
P5260176.jpg
↑もう片方の方が取り付け簡単です。
ホース2本取り付けてタイラップでホースを束ね完成(^-^)
P5260186.jpg
P5260188.jpg
P5260189.jpg
P5260190.jpg
転ばぬ先の杖+お守りの様なアイテムですが
やっぱり取り付け後は気分的に安心感が違います(*^_^*)
だんだんエンジンルームが賑やかに・・・。

とても取り付け簡単ですのでチャレンジしてみて下さい!

[JB23]簡単取り付けでこだわりのオイルキャッチタンクkudo-j オイルキャッチタンク

他社製品オイルキャッチタンク





押してもらえたら凄い励みになり
大変助かります(^-^)よろしくお願いします。
また現在の私のランキングも見れます。
ブログ読んだよ~(^◇^)て感じで!!
ポチッとお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://jb23rr.blog92.fc2.com/tb.php/216-aef52dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。