ジムニーと旅

最新ジムニーパーツ

2015年11月にジムニーと旅ホームページリニューアル致しました♪

「ジムニーと旅 ホームページ」 ←内容情報量もボリュームアップしました こちらもよろしくお願いたします

















新しいブーストコントロールアイテム新発売♪ ジムニー エンジン レスポンスジェット RESPONSE JET ブーストアップ JB23
ジムニー エンジン 電装 レスポンスジェット&ミニコンセットレスポンスジェット+K-PRO MINICON装着で
パワーが17psアップ、トルクが2.49kgmアップ!
アピオの新商品です!! ワイルドボアゼット ジムニー専用アルミホイール 重量:約5.6kg!!

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑これは新発売のリアルブースター・・・凄く気になるパーツです
【送料無料】JIMNY CUSTOM BOOK(vol.1)

【送料無料】JIMNY CUSTOM BOOK(vol.1)
価格:1,800円(税込、送料別)

【送料無料】ジムニー天国(2013)

【送料無料】ジムニー天国(2013)
価格:1,750円(税込、送料別)

【送料無料】ジムニーファン(vol.3)

【送料無料】ジムニーファン(vol.3)
価格:1,490円(税込、送料込)





ご無沙汰してます。

最近忙しくなかなか更新できなくてすいません



今回は久しぶりに、ジムニーの事書きます。


実は車検が近づいてきたので


車検に向けてジムニーの整備点検して、健康チェックしたいと思います




今回もユーザー車検頑張ります

何回しても慣れません・・毎回緊張します・・・

前回は構造変更したり、何点か問題点を指摘されて大変でした



今回は一発合格出来たら良いな・・・

またブログで車検の事 報告したいと思います。



----------------------------------------------------------------------------




車検前整備点検の為以前取り付けた

K&Nエアーフィルター+工藤自動車 kudo-j オイルキャッチタンクの整備掃除を紹介いたします。



以前にも同じ内容記事を書きましたが、今回はもっと詳しく紹介いたします



まずエアーフィルターの掃除から始めます



社外品のパイプなど装着していますが、基本は

純正エアークリーナーフィルター交換と同じ作業手順と同じです。
DPP_0929.jpg

①エアークリーナーBOXのカバー4か所の爪を取り外します。

指で簡単に解除できます
DPP_0930.jpg

DPP_0931.jpg
②サクションパイプバンドを緩めます。
DPP_0932.jpg
③エアークリーナーBOXに接続されている、パイプ接合部を取り外します。
DPP_0933.jpg
④エアクリーナーBOXカバーを取り外します。
DPP_0934.jpg
見た感じはあまり汚れていない様な・・・感じですが

近くで見ると端の方が、黒くなっています
DPP_0936.jpg

⑤K&Nエアーフィルターを取り外しエア―クリーナーBOX内の掃除をします。

上部蓋のBOXカバー部分も掃除します。
DPP_0935.jpg
結構全体的に・・埃が付着しています

掃除してみると・・・・
DPP_0937.jpg
真っ黒です・・・

フィルターのみの掃除だけでも良いですが、

汚れたBOX内を見ると・・・掃除した方が気分的にも良いと思います
DPP_0938.jpg

⑥K&Nエアーフィルターを専用クリーナーで掃除します。

シュッと多めにクリーナー溶剤を掛けて、約20~30分位汚れが酷い場合は長めに調整してください。
DPP_0939.jpg
DPP_0940.jpg
K&Nエアクリーナーメンテナンスキットを使えば
繰り返し使えて経済的です

純正品は汚れが酷いと交換しないといけないので、勿体ないです。
K&Nエアクリーナーメンテナンスキット

K&Nエアクリーナーメンテナンスキット
価格:2,494円(税込、送料別)


⑦フィルターをクリーナーで汚れを落としている時間を有効に利用して

工藤自動車 kudo-j オイルキャッチタンク掃除します。

約半年以上掃除した記憶がないので・・・
DPP_0948.jpg
取り外してドレンボルトを外してみると・・・・
DPP_0942.jpg
ウワッ!!


ブローバイガスオイルが結構出てきました。


オイルキャッチタンク内のブローバイガスオイルが満タンだと

エンジンを壊す可能性がありますオイルキャッチタンクの

オイル量はこまめにチェックしないとダメですね。



オイルキャッチタンクを元の場所に取り付けて

オイルキャッチタンク整備は完了!!


⑧オイルキャッチタンク清掃している間に

エアークリーナーフィルターの汚れが落ちています。
DPP_0943.jpg
結構黒い汚れが落ちています。

⑨水でK&Nエアーフィルターの汚れを流し落とします

エンジン側から外側へ、弱い水流ですすぎます


強い水流で流すとフィルターを痛めます。


この時エアーフィルターのサイドの黒い枠の部分も、汚れが酷いので

綺麗に汚れを落として下さい。


水を切り、十分自然乾燥させます


ドライヤー/高圧エアーなど使用はダメです、フィルターを痛めます。

DPP_0944.jpg
結構時間がかかるので他の整備しながら、乾燥するまで待ちました

⑩K&N製のオイルをフィルターに塗ります。


ベタベタに塗ると逆に抵抗になり、クリーナーBOX内がオイルでベタベタになるので


適度に軽くまんべんなく塗ります。


20分位置くとムラがあった部分も綺麗にオイルが染み込みます。

それでもムラがあり白い部分があれば、再度少量オイルを塗り込みます。


最新型のメンテナンスキットオイルはスプレー式になっていて

ムラも少なく簡単に塗り込みやすくなっています。


DPP_0945.jpg

⑪エアークリーナBOXに装着します。
DPP_0946.jpg
・・・下のフィルター2段ぐらいが、ムラになっているので再度オイルを塗り

逆の手順で組み立てます。

⑫組み立て後エンジン内に、工具やウエスがない事を確認後エンジン始動

異音や吸気漏れない事を確認、異常がなければ

完成!!

DPP_0947.jpg

完成後 直ぐに試走してみると・・・




やはり違います空気の吸い込み音が大きくなり

車が軽やかに走ります


簡単な整備ですが、効果は大きく大満足


春に向けて、愛車の健康チェックなんてどうでしょう


押してもらえたら励みになり
大変助かります(^-^)よろしくお願いします。
ブログ読んだよ~♪ 感じで(^◇^)
ポチッとお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。