ジムニーと旅

最新ジムニーパーツ

2015年11月にジムニーと旅ホームページリニューアル致しました♪

「ジムニーと旅 ホームページ」 ←内容情報量もボリュームアップしました こちらもよろしくお願いたします

















新しいブーストコントロールアイテム新発売♪ ジムニー エンジン レスポンスジェット RESPONSE JET ブーストアップ JB23
ジムニー エンジン 電装 レスポンスジェット&ミニコンセットレスポンスジェット+K-PRO MINICON装着で
パワーが17psアップ、トルクが2.49kgmアップ!
アピオの新商品です!! ワイルドボアゼット ジムニー専用アルミホイール 重量:約5.6kg!!

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




待望のリリース ジムニーパーツ脱着マニュアル(DVD)DVD整備マニュアル部品パーツ脱着[ジム...
これは超便利!内装/外装取り外し方法が詳しくわかります。
高い工賃払う位なら、自分で整備すれば無料でより一層
ジムニーに愛着がわきますよ

私も勉強の為に購入します。





以前から気になっていました、ショウワガレージさん発売の
大容量バンプラバー フロントリアセット装着しました





DPP_0776.jpg
装着前もリアのみ、スペーサーを入れて50mm延長アップしていたのですが
効果は薄く・・・もっと大容量の物を探していました。

ショウワガレージさんのバンプラバーは、
直径65mm/高さ110mmに対して

純正バンプラバー(バンプストッパー)は
フロント直径46mm/高さ60mm
リア直径49mm/高さ65mm・・。

比べて見ると一目瞭然
DPP_0787.jpg
全然違います

リアは純正のバンプラバーの位置に
取り付けるので、他のメーカーさんと同じですが
違うのは、フロントのバンプラバー取り付け方法なんです。

他のメーカーさんでは、溶接 穴あけなど必要なのですが
ショウワガレージ製は、無加工ボルトオンで取り付け可能と言う所です。

またジャンプなどでホーシングが、曲がったりするのを
保護します。

もう一つ 私が期待している事は

乗り味が良くなるのではと期待しています。

ショウワ製バンプラバーは、純正よりも大幅に長いだけではなく
とても柔らかいので、スプリング/ショックと大容量バンプラバーを加える事で

第3のサスペンションの役割をしてくれるので
一般道/峠の凸凹を早い段階で、ソフトにバンプタッチさせて

もっと乗り心地が良くなれば
・・・と思い装着してみました。

取り付け方法です

先に簡単なリアから行ないます。

①作業がしやすくするために、ホイールを外します。
DPP_0779.jpg
ショウワ製と現在装着している50mmアップスペーサー+純正バンプラバーです。

高さはほぼ同じですが・・・大きさが全然違います

②スペーサーを取り外します。
(大きなモンキーレンチなどで緩めると簡単に取り外せます。ノーマルも同じ要領です。)
DPP_0780.jpg


③後はショウワ製 大容量バンプラバーを取り付けて完成です。
私の場合 1cmアップスペーサーを取り付けました。
リアはメチャクチャ簡単です。
DPP_0781.jpg

次は少し大変なフロント取り付けです。

①ジャッキアップしてフレームにウマを掛けます。

フロントデフ部分にジャッキを掛けます。

ラテラルロッドも片方外します。

ホイールを外します。
DPP_0782.jpg

②ブレーキホース止めている、クリップ+ABSセンサー配線固定ステーを外します。
DPP_0783.jpg

③フロントショック ボルト外します。
※ショック自体取りはずした方が、作業がしやすいです。
DPP_0784.jpg
 
④フロントデフに掛けていた、ジャッキをゆっくりと下ろすと。
フロントスプリングが外れます。
DPP_0785.jpg
純正より長いスプリングは外れにくい場合があります。
その場合はジャッキを掛ける場所を変えれば、より一層デフが下がり
外しやすくなります。

⑤純正バンプラバーを外します。
コツはバンプラー上部に穴が開いています
その部分に潤滑剤をスプレーします。

少し経ってから、プライヤーなどで挟み
こじる様に外すと簡単に外れます。
DPP_0786.jpg

⑥外れましたら ショウワ製バンプラバーを取り付けます。
DPP_0788.jpg

⑦スプリングを取り付けます。
DPP_0789.jpg

⑧ブレーキホースクリップ/ABSホースステーを取り付けて
完成!!
DPP_0790.jpg

早速 試乗!

舗装道路のいつも大きなシュックが発生する
凸凹を通過してみると・・

明らかにショックが軽減されています・・・

思った通りです

次に荒れた凸凹の峠道を走ると・・
ロールがより一層軽減し車体が
安定しながら狙ったラインを走れます。

走った感じは フロント(2.5インチ)が先に軽くバンプタッチしている感じがします。

リアは3インチ以上なので、バンプタッチしている様子はありませんでした。
メーカー推奨リフト量は、3インチ以上です。

私の場合 わざと軽くバンプタッチさせる事を狙う事で
乗り心地を良くし ロールを軽減させて車体の安定化する事が出来ました。

リアはもう少し短いスプリング交換か
バンプスペーサーをもう少し長くすれば、軽くバンプすると思います。

林道など走行すればもっと効果が発揮されて、もっとわかりやすいと思います。

また逆にリフトアップ量が3インチより低い又は、ノーマルの様な場合、
バンプラーバーを切る事により、セッティングする事が可能です。

様々な場所 乗り方 車体のリフトアップ量に合わせセッティングすれば
ショウワ製バンプラバーは、最大限に発揮されると思います

今回は効果も抜群で良い買い物しました

Yahoo! オークション バンプラバー

Yahoo! ショッピング バンプラバー

押してもらえたら励みになり
大変助かります(^-^)よろしくお願いします。
ブログ読んだよ~♪ 感じで(^◇^)
ポチッとお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。