ジムニーと旅

最新ジムニーパーツ

2015年11月にジムニーと旅ホームページリニューアル致しました♪

「ジムニーと旅 ホームページ」 ←内容情報量もボリュームアップしました こちらもよろしくお願いたします

















新しいブーストコントロールアイテム新発売♪ ジムニー エンジン レスポンスジェット RESPONSE JET ブーストアップ JB23
ジャダー抑制の新商品です!! ジャダーリペアセット これは良いかもしれません♪




久しぶりのブログ更新です。

また2年に一回の車検が来ました・・・

毎回ですが、検査官の印象を良くするために

まずは、恒例の9mmフェンダーの取り外しから行いました

DSC06199 (1)


フェンダーを固定しているトリムクリップですが・・・

度重なる交換と経年劣化と過酷な状況下で割れて・・・・ボロボロになってきました

DSC06188 (1)


クリップもついでに交換いたします。

純正品も良いのですが今回は安くて手に入りやすい

ストレート製 44-3001 トリムクリップ スズキ系に交換します。

DSC06175 (1)



次は下回りの掃除と整備します・・・・

前から気になっていたナックルのグリス漏れが

酷くなってきています


このままだと車検には通らないので

今回は、手抜きナックルシール交換作業いたします。

比較的綺麗に見えますが、少しの走行でグリスが溢れ出てきます

そのたびに掃除・・・だんだん漏れ出す量が多くなり、大変になってきました


DSC06144 (1)

ナックル部分がグリスで光っています・・・
DSC06153 (1)

交換部品のナックルオイルシールとグルスです




写真と品番が違いますが最新型のナックルシールは45120-81A04見たいです

ちなみに私が持っているパーツリストを調べてみると 品番は45120-81A01でした

DSC06157 (1)

オイルシールをハサミで切り手抜きオイルシール交換

作業開始します。

※ここで紹介する記載内容についてDIYで実践される場合、全て自己責任でお願いします。
分からない場合は、ディーラーや車整備工場に持ち込むか整備経験のある方と一緒に、
作業アドバイスしてもらうと良いでしょう。

また慎重に丁寧に慌てず時間に余裕を持って作業して下さい急いで作業すると、
重大な作業ミスの原因になります。



DSC06154.jpg

8本のボルトを外すと

簡単にオイルシールにたどり着きます

このままだと黒いオイルシールは取り外しできませんので

こちらもハサミでカットして取り外します。

その奥にある金属製リングも交換いたします。


取り外しが完了しましたら

ナックルの隙間からグリスを注入して



手がベタベタになり写真無しです

隙間からワコーズ製のタフグリースTGを適量入れます。


新しいナックルシールを組み付けて

私の場合 切ったナックルシールを接着剤でくっ付けて

外したボルトを均等に締め付けて

DSC06166 (1)

アッと言う間に完成

DSC06168 (1)

外したオイルシールと金属製のリングです・・・・

調べたのですが切れたり潰れている箇所もなく?


ゴムも柔らかく?異常は無いような感じです?

違う場所が原因かも?

内部のシャフトシールの不良でフロントデフオイル漏れ・・・


その割にオイルの粘度が固いのでグリスだと思うので

少し走行してナックルの様子を見ることにします。

次回は車検準備編その2を紹介します


押してもらえたら励みになり
大変助かります(^-^)よろしくお願いします。
ブログ読んだよ~♪ 感じで(^◇^)
ポチッとお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ


テーマ:車検 - ジャンル:車・バイク